BLOG

ただいま我が家

東京に戻ってきました。

里帰り中はたくさんの方が励ましに来てくれたり、お祝いに駆けつけてくださったり、本当にありがとうございました。
お会いできて嬉しかったです!

 

久しぶりの自宅に戻り、荷ほどきをして、
そのあとはひたすらおっぱい うんち 抱っこ ねる
を繰り返していたらあっという間に1週間が過ぎていた…。
息子はすくすく育っています。笑

 

夫と助け合いながら、料理でリフレッシュしたり、福岡から妹が遊びに来たり、コンサートに復帰したり、とても幸せを感じた1週間でもありました。

 

 

11/11、フォーレ「レクイエム 」
指揮者の市瀬寿子先生と、メゾソプラノの大林智子さんと。
今回は女声版、オルガン伴奏でした。
菅先生の弾くオルガンの音に会場全体が優しく包まれました…✨

優之介ホールデビュー!

なんと集合写真にも入れていただいてしまいました☺️

 

 

久しぶりの生の音楽は心に沁みすぎて。。

Cream Teaさん、アンサンブル凛さん、
おめでとうございます!
&ありがとうございました💕

 

 

Date:2018.11.13
Category:DIARY

ご報告

遅ればせながら、

10月7日、
3615gの男の子を出産いたしました💕
母子ともに元気に過ごしております。

 

妊娠中から今に至るまで、あらゆる場面でたくさんの方々に支えていただき、本当にありがとうございました。

そして出産に向けて万全のサポートをしてくださったつがる総合病院の先生方、助産師の皆さん、付き添ってくれた両親にも心から感謝しています。もっと入院していたいと思ったくらい、あたたかい環境でした!

 

本陣痛がくるまで長〜い時間がかかり、
息子もお腹の中で大変だったと思いますが、
無事に生まれてきてくれて本当に良かった…!!

 

隠岐 優之介です!!

 

主人が公演で立ち会えない代わりに、分娩室では私たちのCDをかけてくださいました。優之介はパパの声を聴きながら産まれてきてくれました(o^^o)
いつも全力で支えてくれる主人にも改めて感謝!

 

日に日に成長していく息子に驚きつつ、
ますます愛おしくてたまらず、翻弄される毎日です。

これからも家族共々よろしくお願いいたします!

 

 

 

Date:2018.10.21
Category:DIARY

日記

久しぶりの更新です。
あんなに暑い暑いと言っていたのに、やっぱり秋になると涼しくなるんですね。笑

 

近況ですが、いよいよ臨月になりました。腰が痛くて歩くのが大変です。
眠くて眠くて一日中寝てしまう日もあれば、急に家中を断捨離したくなる日もあり、とりとめもないサイクルで時間が過ぎています。

 

断捨離中に、昔私の部屋だったところからタイムカプセル的な缶が発掘されました。
開けようね、と約束していた時はもうとっくの昔に過ぎていました。迷った末、時効かなぁ〜と思ってOpen。中には手紙と、なんと匂い玉がたくさん入っていて、子どもの頃くんくん嗅いでいたあの香りが…!吸いすぎて時々鼻の中に粒が入ってしまう、あの香りが…!笑   24年くらい前の記憶が匂いと一緒にふんわり蘇ってきました(*´꒳`*)

 

それから、驚いたのは友達とやり取りした大量の手紙。
たわいもない内容なのですが、感情の振り幅が笑えるくらい大きくて、何より話が唐突で(笑)読みながら吹き出してしまいました。でも、こんな素敵な時代があったなんて嬉しい!同じ場所からシールでいっぱいのプリクラ帳や写真も出てきましたが、これは見始めたら止まらないのでひとまず棚へと〜。

 

 

さて、話は戻り、昨日は友人が青森から子連れで会いにきてくれました!

お互いの近況、出産、子育ての話、あっという間に時間は過ぎて。

友人は私にこんな詩集を渡してくれました。

 

『だんだん おかあさんに なっていく』
著:おーなり由子

 

詩は、おーなりさんの息子さんが産まれる前から、2歳ぐらいまでの間に書かれたものだそうです。

 

最初のページを読んだ瞬間に、これはだめだ(涙腺が)、と思いまして、ひとりで部屋へこもりじっくり読みました。
妊娠中は嬉しいことも、そうでないことも、本当に沢山ありましたが、詩集を読みながら、私も同じような気持ちになったなぁ…なんてひとつひとつに共感できて、そのことがとても嬉しくて、涙がつーつーと自然に流れました。

 

友人にとっても大切な一冊なはずなので、読み終えた後、次に会う時まで借りるね!と言ったら、「(息子が)ちょうど2歳になって、親子ともに一番最後の詩のところまで来たなって思えるから、次はあやかに本を譲ります」と言ってくれました。

ううう、、、友人の優しさにすっぽり包まれてしまいました。

 

この本で言うとこれから2年、私たち家族にどんな毎日が待っているか分かりませんが、素敵な応援のバトンをもらい、とても心強いです!ありがとう💕

 

いくつかご紹介

 

友人と楽しいランチをするのも、五所川原名物 “あげたい(揚げたたいやき)”を食べるのも、ねぷたのお囃子を聴けるのも、もしかして産まれる前はこれが最後かもしれないと思えて、記念日のような一日でした。

巻き戻しできない時間を過ごしているという実感が湧いてきます。

 

 

そのような矢先、作曲家松下功先生の突然の訃報を目にしました。先生…。
子どものような無邪気、おちゃめで優しく、情熱的なお人柄で周りを存分に巻き込んで、何かを創り出すのは大変だけど最高に楽しい!ということを教えてくれました。

先生の指揮で、ファニー・ヘンゼルの歌曲をオーケストラ版の編曲で歌わせて頂いたことがありました。そのコンサートでは、平松英子先生と金持亜実ちゃんと三重唱もさせていただきました。緊張しきりの亜実ちゃんと私を、松下先生と平松先生がこの上なくおおらかな雰囲気で包んでくださり、励ましてくださったことを思い出します。
松下先生…突然のことで、きっとやり残したことがたくさんあられると思いますが、音楽と人を愛する先生に出会えたことに心から感謝し、心からご冥福をお祈りいたします。

合掌

Date:2018.09.17
Category:DIARY

リサイタル

5月18日(金)、トッパンホールでのリサイタルまで一ヶ月を切りました。

今回は自分への色々な挑戦をこめて、前半にドイツ歌曲を、後半にイギリス歌曲を取り上げました。

オペラのアリアなどを歌わずに歌曲のみでのリサイタルは久しぶりです。

 

ピアニストの宮﨑貴子さんとは、昨年ミヒャエル・ゲースさんのマスタークラスを受講した際に知り合い、今回が3度目の共演。
尻込みしていた私を奮い立たせてくれました。
今月に入ってからは毎週少しずつでも時間を合わせて、じっくり取り組むことができています。
本当に幸せなことです。

 

Finzi《Let us garlands bring》はバリトンが歌うことが多いのですが、いつか歌いたいと思い続けていた曲集で、念願が叶います✨

IrelandのIf there were dreams to sellには特別な思い出があって、、このホームページのトップ画面にも、大好きな海の上にいつまでも浮かんでいるように、詩の一部を載せています。

本番まで大切にあたためていきたいです。

 

思うよう動き回れないもどかしさの中で、本当にリサイタルを開催できるのか…ずっと不安ばかりが先行していましたが、この時期に素晴らしい曲の数々に向き合うことができることを幸せに思えるようになってきました。

 

先日ある方からメッセージをいただき、

「大丈夫、うまくいくようになっていますから!」

と、何かを察知されたかのようにお声をかけていただきました。

 

どっちかというと信じやすいタイプなので(笑)、本当にそう思えてきて、それならあれこれ考えないでできる限りをやってみよう、と思えました。一つの言葉に救われることがあります。

 

ある日はどん底だと思っても、またある日には最高だと思えたりして、人生ってほんとに生きてみないと分からないものです。

たくさんの人間模様や、心の中のほんとのほんとのところ、に触れられるような気がする歌や詩の魅力は、そんなところにあるのかなと思ったりします。一言で語れるものでもないですけれど(笑)

 

もしご都合がつきましたら、リサイタルへ是非いらしていただけましたら幸いです(*^^*)

 

2018年5月18日(金)
19時開演(18:30開場)

【隠岐彩夏 宮﨑貴子 デュオリサイタル】

場所:トッパンホール

チケット:全席自由4000円、学生2000円

問い合わせ:
トッパンホールチケットセンター
03-5840-2222(10:00-18:00、土日祝休)

チケットぴあ
0570-02-9999(Pコード104825)

隠岐 contact@ayakaoki.com
宮﨑 pf- contact@takakomiyazaki.com
(facebookなどのメッセージでも受け付けております。)

Date:2018.04.21
Category:DIARY

モーストリー・クラシック

あるコンサートを聴いていただいたことがきっかけで、音楽雑誌「モーストリー・クラシック」の中で宮本文昭さんと対談させていただきました。

歌を始めたきっかけや、近い将来のこと、来月のリサイタルのこと、今ハマっていることなど沢山お話させて頂きました。

宮本さんのお話の豊富さと奥深さにはびっくりしました。初めてお目にかかり、僅かな時間ではありましたが、つたない私の言葉の中から核心を汲み取ってくださり、更に引き上げていただいたように思います。

カメラにはどうしても緊張してしまいますが、実際は笑いすぎてマスカラが落ちました(笑)

モーストリー編集部の皆さま、本当にありがとうございました!
本日刊行です。
もしよかったら読んでください(*^^*)

 

Date:2018.04.20
Category:DIARY

近況

桜が綺麗ですね。

街のあちこちが淡いピンクで彩られ、
ふらふらと歩くのが楽しいこの季節、
やっぱり春はいいですね〜🌸🌸

 

桜を見ると色んな感情が湧いてきます。

 

地元青森の開花はちょうどGWにかかるので、みんな学校も仕事も休みで、今日は弘前公園に行く、明日は芦野公園、とか、誰もが桜祭りを楽しんでいました。
おでんとかいちご飴とか中華そばとか焼き鳥とか、、
思い出が花より団子(笑)

 

祖父の家の前にも桜並木があるんですが、そこもとても綺麗なんですよね。今年の開花ももう少しかな。おじいちゃんは今施設に入っているのですが、桜を見に帰ってきてほしいなぁ。

 

千鳥ヶ淵や靖国神社でみんなでワイワイしたこともありましたし、父が癌だと知らされたのも大学へ向かう途中、上野公園の満開の桜を見ながらでした。
滲んだ桜はあの時が初めて、だったような。

 

確実に月日は流れていますね。

 

 

長くホームページをほったらかしてしまいました。

 

2月に妊娠が分かりまして、その後つわりで鬱々と過ごしておりました。
やりたい気持ちとは裏腹に、ほとんどすべての予定をキャンセルすることになり、かろうじてコンサートには出演できたものの(降板せざるを得なかった公演もありました)関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけし、そして、本当にあらゆる面でお気遣いを頂き、助けて頂きました。
この場をお借りして改めて感謝申し上げます。

 

一時おさまったかなと思ったつわりですが、このところまた固形物が食べられなくなり、水分も戻してしまうような時は点滴を受けるなどして生きています。
大好物のお寿司や焼肉でさえも、今は見るだけでおえっときてしまう、人生何が起こるか分かりません。

 

私の周りの先輩方は「つわりなかったのよ〜」という感じでとても明るく輝いていて、(きっと私も大丈夫〜)と呑気に構えていたらこんなことになり、予想もつきませんでした。

予期せぬことを受け入れていくのもまた、お母さんになるための第一歩なのでしょうか。
またとないこの時間を、私なりに過ごしてみたいと思います。

 

 

演奏会での写真を。

共演くださった皆さま、
スタッフとして支えてくださった皆さま、
聴いてくださったお客様、
本当にありがとうございました。

 

フレッシュ名曲コンサート
ボイトレでお世話になりましたミナトシティコーラスが出演しました。合唱団としては千住さんの《万葉集》が完結。素敵な曲です、またいつか歌いたいです。錚々たる方々に囲まれドキドキ!

 

エルヴィオ・ソーヌス定期演奏会
ボイトレでお世話になっております合唱団の定期演奏会。青木さんはじめ、皆さんとは学生時代から何度もご一緒させて頂いております。本当に嬉しい。いい笑顔でhappy birthdayモーツァルト!ありがとうモーツァルト!

 

 

慶應義塾大学コレギウムのメサイアは、インフルエンザにかかり降板いたしました。本当に残念でした。なぜなら、マエストロからオペラ的なメサイア演奏をしたい、と言われていて、アリアも普段歌うものは違っていたり、新たなメサイアを体験できる予感がしていました。演奏会は歌うのも聴くのも一期一会ですが、、その場にいたかったです。

 

 

麻布ドルチェ〈日唱祭に出演〉
指揮は主人に振ってもらいました。ピンクを着こなす素敵なお母様方です。松岡あさひくんに編曲してもらった「Un bacio a mezzanotte」を初披露しました!

 

リブロホールコンサート
ウィーンで知り合ってからというもの、今では家族のような存在感の櫻井愛子さんとデュオコンサート。
お陰様で昼夜2公演でしたため、体調不良の私がどうなっても対応できるようにと、A.B.C.D案までプログラムをご用意してくださいました…お詫びの言葉も見当たらないくらい…ありがとうございました!

 

 

那須野が原ハーモニーホール合唱団定期演奏会
モーツァルトのアンサンブルは何度でも歌いたいほど楽しいです。最高に堪能できました&たくさん笑いました(笑)

 

 

新日本交響楽団100回記念演奏会
この日は3/11でした。第九の圧倒的な力を感じ胸が震えました。忘れられない1日に。

 

じゅうにもんめ演奏会には残念ながら体調不良のため出演できませんでした。栗山先生、栗友会の皆さん、本当に申し訳ありません。私も大人数でのモテット、歌いたかったです。

 

 

 

明日からは新学期が始まりますね。
新一年生、社会人の皆さんはどんなに胸のときめく思いでしょう。

 

私は2年間務めた声楽科助手のお仕事を今年度で退職し、明日からはちょっと上野が遠くなります。
寂しいなぁ、、、

 

助手としてはへっぽこでしたが、沢山の経験をさせて頂き、この2年で改めて母校を誇りに思いました。
先生方や学生さんと接していると、素晴らしい環境で勉強できていた学生時代を思い出し、奮い立つことが多々ありました。
かけがえのない時間をありがとうございました。

 

しばらくは身重でシャキシャキ動けない代わりに、置かれている環境に感謝して、ひとつひとつ丁寧なお仕事をしたいです。今の私は比較的そのような時間を与えてもらっているような気がします。

どんなに目を凝らしているつもりでも、速すぎると見落としてしまうことって沢山あるのですね。

 

明日は地元でのリサイタルのきっかけを作ってくださった方が、ヨハネ受難曲のエヴァンゲリストデビューをされます。エヴァンゲリストを歌うということは本当に大変なことですが、すごい演奏をされるような気がします。聴きに行きたかったな。Toi!Toi!Toi!

Date:2018.03.31
Category:DIARY

【お知らせ】2/25追加公演決定

2/25(日)、リブロホールでの「隠岐彩夏  櫻井愛子Duoコンサート」は、ご希望を沢山頂戴いたしまして、同日18時から追加公演を行うことになりました。

ありがとうございます。

ウィーンから一時帰国される櫻井さんの歌声を、是非お聴きくださいませ。

たくさんデュエットをさせていただきます!

 

Date:2018.01.23
Category:DIARY

国分寺みらいコンサート終演

国分寺みらいコンサート、

満員御礼をもって終演いたしました!

 

和やかな雰囲気を作ってくださったお客さま

いずみホールの親切なスタッフの皆さま

素晴らしい演奏を聴かせてくださった出演者の皆さま

本当にお世話になりました!

 

とても楽しくて、

ものすごく刺激的なコンサートでした。

今回僭越ながら主人がナビゲーターを務めさせて頂きましたが、音楽を始めたきっかけや、どうしてこの楽器を選んだの?などなど、普段なかなか聞くことのできないお話を伺うこともできました。それにしても皆さん面白いエピソードをお持ちで、トークの腕もさすがでございました!笑

 

私たち歌チームを支えてくださった、キム兄こと木村裕平さん。いつも絶妙に呼吸を合わせてくださり、ダイナミックで繊細で、私たちを思いっきり歌わせてくださいました!

まさに、人間に金棒!笑

ありがとうございました!!

 

終演後ステージで(๑>◡<๑)

左から、いずみホールの高橋洋司さん、木村裕平さん、伊藤悠貴さん、山田剛史さん、ヴィタリ・ユシュマノフさん、前田磨依さん、私、戸澤采紀さん、樋口一朗くん、山中沙耶さん、寺田功治さん、隠岐速人さん。

 

 

 

さて、家族写真(笑) ヴァイオリンの戸澤采紀ちゃん(左)、ピアノの樋口一朗くん(左から2番目)とは、去年日本音コンの受賞コンサートで全国各地でご一緒させていただきました。たゆまぬ努力を重ね更に成長された2人に会えて、大変刺激を受けました。いつも応援しています!

笑笑💕

 

またきっと、皆さんとご一緒できますように!!!

 

 

Date:2018.01.21
Category:DIARY

本年もよろしくお願いいたします!

遅ればせながら、新年おめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
本年もよろしくお願いいたします!

 

のんびりと過ごした年末年始から、早15日

 

合唱団の練習が始まったり、オケ合わせがあったり、ソファを買ったり、そのせいで模様替えが止まらなかったり、大学に行ったり、マスタークラスを受講したり、コンサートを聴きにいったり、恋ダンスを練習したり、2018年もめまぐるしくスタートしました!

 

 

年越しは、来月から福岡市内へ転勤する妹夫婦とゆっくり過ごしました。
飛行機ですぐといっても、寂しくなりますね〜

 

 

 

2018新年会🐟
中野のマグロマートで寺谷先生を囲んで🐟

 


カウフマンのリサイタル!@サントリーホール
2度のキャンセルを経てやっと会えました、
カウフマン素晴らしい歌をありがとう!

 

 

 

 

みんなでうたう第九の会 第5回演奏会(郡山)
素晴らしい演奏をありがとうございました。
今年もまた、一年分のパワーを頂きました!

 

 

麻布ドルチェの初練習&新年会
顧問の有川先生にやっとお目にかかることができました!
麻布ドルチェは2/23の日唱祭に出演します。 初演「Un bacio a mezzanotte」 (松岡あさひ編曲)を含む、全6曲を演奏します。

 

 

今年もまずは何より
心身ともに元気に健康に過ごすことができますように。 周りの人を大切にできますように。
ご先祖様、どうぞお護りください。
そして、留学に向けてしっかり準備の年にしたいと思います。

皆さま、本年もよろしくお願いいたします!

Date:2018.01.15
Category:DIARY

東京ムジーククライス!

そして、さらに遡りますが、
9/3は東京ムジーククライスの定期演奏会でした。

指揮者の渡辺祐介さんを筆頭に、
なんたって熱い合唱団で、
リハ、本番、そして終わってからも、
こうして文字を書く体力さえないほど必死でした…(@_@)

↑みんなで歌ってるよ〜!
ドイツにいる千沙に報告(о´∀`о)

 

TMK合唱団には、
第一回目の立ち上げ演奏会の時に、
合唱のエキストラでのせていただきました。

その時もバッハのマニフィカトを演奏しました。
私にとっては初めてのマニフィカトで、
念願叶ってとても嬉しかったこと
先輩方に歌い方などを丁寧に教えて頂いたこと
今も鮮明に覚えています。

改めて振り返ると、様々な機会の中で
もまれ、育てていただき、感謝ばかりです。

あれから10年経つそうです。
ちょっと信じられませんが、笑
10年のこの節目に、皆さんが選んだマニフィカト。

これまで積み重ねてこられた歴史と、
これからへの決意を感じました。

カンタータクラブのレジェンドでいらっしゃる大先輩、
学生時代にクラブで一緒に活動していた先輩、同期、
たくさん集えたことも、嬉しいことの一つでした。

布施ねえさん(左)と、亜希さん(右から2人目)と。
三重唱しました✨

我らが師匠、寺谷千枝子先生(左から2人目)も聴きにいらしてくださいました。
チケット完売のため
当日券もお出しできない状態でしたので、
当日も席が早くに埋まってしまい、
先生は前から2列目に座られました(笑)

私たちが緊張しないように
目立たないようにしてくださっていたそうですが、
オーラでみんなすぐに見つけてしまいました(笑)

安心して歌うことができました。
先生、ありがとうございます!

来年はブラームス《ドイツレクイエム》を演奏するそうです!
これまた名曲ですね…!
今後のTMKの活動に、更なる期待です!

Date:2017.09.13
Category:DIARY

Category

Archive