ARCHIVE

ヘンデルフェスティバルジャパン《セメレ》全曲

 

出演者

指揮:三澤寿喜

セメレ:隠岐彩夏(ソプラノ)

ジュピター:辻裕久(テノール)

ジューノ:波多野睦美(メゾソプラノ)

アイリス:広瀬奈緒(ソプラノ)

ソムナス:牧野正人(バス)

アタマス:中嶋俊晴(カウンターテノール)

アポロ:前田ヒロミツ(テノール)

キャノンズ・コンサート室内合唱団 管弦楽団


ポリーヌ・ヴィアルド

  1. サントリーホールブルーローズにて催される宮﨑貴子さんの「女性作曲家シリーズVol.3」に出演させていただきます。

「ようこそ、ポリーヌ・ヴィアルドのサロンへ」と題して、今年生誕200年を迎える作曲家ヴィアルドのピアノ作品や声楽作品、当時彼女と交流のあったショパンやリストの作品も演奏されます。

ヴィアルドは歌手としても活躍し、ブラームスの《アルトラプソディ》の世界初演をしていることには驚きました。宮﨑さんの演奏やお話を通して、ヴィアルドへの距離がぐっと近くなることと思います!

 

今回はサントリーホール所蔵1867年製エラール社のフォルテピアノが使用されます。 彼女が生きた時代に響いていた音色とともにお楽しみください💫

 

個人的に嬉しい出会いだったのは、ショパンのピアノ曲マズルカに歌詞をつけてヴィアルドがフランス歌曲に編曲した《12 Mazurkas: Chopin=Viardot》

私の青春は、モンパチ、ハイスタ、HY、ホロヴィッツなのですが、中でもホロヴィッツのマズルカを聴くと自分の中にある世界がどんどん掘り下げられて膨れ上がっていくような気持ちになり、朝CDを聴き始めたらそのまま学校に行けない日もたくさんありました。

その音楽が歌になっているなんて!

宮﨑さんに感謝です!

チケットのご予約は、コメントやmessenger、 LINEなどなんでも承っております💫

 

また、今回の作品のためにソプラノの高橋さやかさんにフランス語のレッスンをしていただきました! 発音のみならず発声にも繋がるレッスンは発見の連続でした!!

もっとレパートリーを増やしていきたいです。 そして師匠が生前、「結構スタミナが必要な曲ばかりですが、魅力があります。」とメールでずらっとリストにしてくださった中にある、ショーソンのChanson Perpetuelleにもいつか必ず挑戦したいです💫エレガントで面白くて、とっても優しいさやかさん!さやかさんの歌うフランス歌曲は本当に美しくて、学生の頃から憧れの存在です✨ ダルトン・ボールドウィン先生とフォーレの歌曲集も録音されていらっしゃいます!

CLASSIC NIGHT@ムジカーザ

実に2年半ぶりの自主企画。

各国の歌曲や、オペラ、映画音楽を演奏いたします!

 

2/18(木)
【CLSSIC NIGHT〜for the sunnyside〜】

開場:17:30
開演:18:00
場所:ムジカーザ(代々木上原東口)
チケット代:4000円
(コロナ対策のため実券はございません。メールにてご予約くださいませ。)
問い合わせ先:contact@ayakaoki.com
(私や出演者につながる方法でしたらLINEやmessengerでも承ります。)

なおコロナ対策のため先着60席とさせていただきます。

 

メンバーはこちら💫
Sop. 隠岐彩夏
Ten. 隠岐速人
Pf. 辻田祐希

 

シュトラウスやリスト、レスピーギ、ワーグナーなど、久々に密に触れ合う作曲家と音楽に心がときめいています。以前から歌いたかった作品、最近知り合った作品、どれもとても縁を感じています。

 

伴奏には声楽作品のみならず、声楽家の生態までも熟知しているピアニスト、辻田祐希さん!
辻田さんとはこれまで、北は北海道、南はグアム・サイパンまで一緒に演奏してきた旧知の仲です。今回も大船に乗った気持ちで歌わせていただきます!
ピアノソロも弾いていただく予定ですので、皆さんどうぞお楽しみに😊

 

そして共演にはテノールの隠岐速人さん。
お気に入りの抱っこ紐はポグネーだそうで、背中の筋肉が鍛えられて声がとっても楽になったそうです。(本人談)
パパのあくなき声の探求は続きます!

 

さて、今回の副題は有名なジャズ・スタンダードナンバー
「On the Sunnyside of the street」
からインスピレーションを得ています。

この曲は1929年の世界大恐慌の真っ只中にヒットして、たくさんの人が励まされたそうです。
歌詞がまたいいんですよ〜!
https://g.co/kgs/zfoFmG

 

 

今回のコンサートも、聞きに来てくださった方々にとってこの不安な日々を少しでも忘れていただけたら…
そんな思いで開催いたします。

 

これから緊急事態宣言が延長になるかもしれませんし、それ以前にコロナがこの先どうなっていくのか正直とても不安です。

 

是非いらしてください!とは、とても言いにくい状況なのですが、私たちができる最善の準備をして会場でお待ちしております。